縁結び

神仏の力 荒魂と和魂

呪いの中には、想い人と結ばれる、愛法という呪法があります。

神仏には、『荒魂』(あらたま)と『和魂』(にぎたま)という二つの対立する力があり、二つの力は同じ神仏の中に存在しています。鬼退治などの罰を与える呪いは、神仏の『荒魂』の力を借りていますが、愛法などの呪いを施す時は逆に『和魂』の力を借ります。

『荒魂』は、祟りや天変地異・病などを引き起こし、心を荒ぶらせ、争いを起こす荒々しい破壊の力。『和魂』は、雨や日、幸せや愛などの日々の恵みの力で、平和的で落ち着いた加護の力の事です。

どちらの側面が出るかによって、違う神仏に見えてしまうほどその印象は大きく違います。なので神仏によっては、別の名前で分けられたり、祀られたりもしています。

​この神仏の『和魂』の力を借りて、依頼者様が想い人と結ばれるお手伝いをしています。

― 呪い代行専門 呪詛師 ―

 

住所:広島県山県郡北広島町木次371

tel:050-5277-8412

Email:noroi_biz@yahoo.co.jp

※無断転用・転記はご遠慮下さい※